Programming Style

メニュー

初心者がアプリ開発者になるためのプログラミング学習サイト

[Android] Android Studioで新しいプロジェクトを作成する

android_top_android_studio

Androidアプリは「プロジェクト」という単位で管理されます。「プロジェクト」にはアプリを構成するすべてのソースコードが含まれています。Android Studioでは、画面ウィザードを使って「プロジェクト」を作成し、ひな形のアプリケーションを作成できます。今回のレッスンでは新しいプロジェクトを作成する方法について説明します。

 

広 告

 

目次

前提条件

1.  Android Studioでプロジェクトを作成する

ここではAndrod Studioでプロジェクト作成する方法を説明します。

 

android_android-creat-new-project_01

Android Studioを起動すると最初に起動画面が表示されます。

 

起動画面では新しいプロジェクトの作成だけではなく、既存のAndroidプロジェクトをインポートしたり、バージョン管理ツールを利用したりすることができます。

 

ここでは、一番上の「Start a new Android Studio project」を選択します。

 

 

android_android-creat-new-project_002

プロジェクトの情報を入力する画面が表示されます。

 

以下の項目説明を参考に、入力フォームに情報を入力した後、「Next」ボタンをクリックします。

 

 

Application Name
ユーザがアプリをインストールした時に表示されるアプリ名です。
今回は「My App」と入力します。
Company Domain
Package nameの先頭に追加される文字です。企業や組織などのトップレベルのドメイン名(xxxx.comなど)を通常は設定します。
今回は「mycompany.com」と入力します。
Package name
Androidアプリをユニークに特定する識別子です。
通常はCompany Domainの値を逆ドメイン形式にして使用します。
内容を変更する場合は「Edit」を押して行いますが、デフォルトのままで問題ありません。
Project location
プロジェクトを作成するディレクトリパスです。
デフォルトのままで問題ありません。

 

android_android-creat-new-project_003

 次に表示されるのが、開発対象デバイスを選択する画面です。

 

スマートフォンやタブレットを対象とする場合は「Phone and Table」、テレビを対象にする場合は「TV」、腕時計型端末を対象にする場合は「Wear」にチェックをつけます。

今回はスマートフォン、タブレットを対象とするので「Phone and Table」にチェックをつけます。

 

Minimum SDK」は動作を保証するAndroidのバージョンです。

低いAPIレベルを指定するほど動作保証する端末が増えますが、新しいバージョンで追加されたAPIが利用できないなどの弊害があります。

今回は「API 8: Android4.2(IceCreamSandwich)」を選択し、その後「Next」ボタンをクリックします。

 

 

Note : APIレベルとは、Androidのバージョンに紐付いた数字です。
対応しているバージョンは以下のとおりになっています。

 

Androidバージョン APIレベル
Android6.0 23
Android5.1 22
Android5.0 21
Android4.4 (Wear) 20
Android4.4 19
Android4.3 18
Android4.2 ~ 4.2.2 17
Android4.1 ~ 4.1.1 16
Android4.0.3 ~ 4.0.4 15
Android4.0 ~ 4.0.2 14
Android3.2 13
Android3.1 12
Android3 11
Android2.3.3 ~ 2.3.4 10
Android2.3 ~ 2.3.2 9
Android2.2 8
Android2.1 7
Android2.0.1 6
Android2.0 5
Android1.6 4
Android1.5 3
Android1.1 2
Android1.0 1

 

android_android-creat-new-project_004

アプリ画面のテンプレートを選択する画面です。

 

今回は画面の上端にアクションバーを表示する「Blank Activity」を選択し、「Next」ボタンをクリックします。

 

android_android-creat-new-project_005

 初期作成されるソースファイルの名前を入力する画面です。デフォルトのまま「Finish」ボタンをクリックします。

 

android_android-creat-new-project_006

しばらくするとプロジェクトの作成が完了します。プロジェクト作成の手順は以上です。

 

 

 

2. コマンドラインでプロジェクトを作成しよう

もしAndroid Studioを使用しない場合、代わりにコマンドラインからSDKツールを用いてプロジェクトを作成することが出来ます。

 

まずダウンロード済のSDKの一覧を確認するため、コマンドラインで以下のコマンドを実行します。

 

ダウンロード済SDK一覧を確認するコマンド

$ android list targets

すると以下のような形式でSDKのリストが一覧表示されます。

 

android list targets の出力結果例

----------
id: 1 or "android-15"
     Name: Android 4.0.3
     Type: Platform
     API level: 15
     Revision: 5
     Skins: HVGA, QVGA, WQVGA400, WQVGA432, WSVGA, WVGA800 (default), WVGA854, WXGA720, WXGA800
 Tag/ABIs : default/armeabi-v7a
----------
id: 2 or "android-21"
     Name: Android 5.0.1
     Type: Platform
     API level: 21
     Revision: 2
     Skins: HVGA, QVGA, WQVGA400, WQVGA432, WSVGA, WVGA800 (default), WVGA854, WXGA720, WXGA800, WXGA800-7in, AndroidWearRound, AndroidWearSquare, AndroidWearRound, AndroidWearSquare
 Tag/ABIs : android-tv/armeabi-v7a, android-tv/x86, android-wear/armeabi-v7a, android-wear/x86, default/armeabi-v7a, default/x86, default/x86_64

ここのid:という項目がターゲットIDになります。

 

以下のコマンドでプロジェクトを作成します。

 

Androidプロジェクト作成コマンド

android create project --target <target-id> --name MyApp --path <path-to-workspace> --activity MainActivity --package com.mycompany.myapp

<target-id>の部分は、ターゲットIDに置き換えてください。上記のリスト例ですと2android-21です。<path-to-workspace>はプロジェクトを作成するディレクトリパスを指定します。

例えば~/AndroidStudioProjects/MyAppなどと記入します。

 

 

Note : 「android」のコマンドを使うためにはSDKディレクトリ配下のtool/にパスを通す必要があります。設定方法はこちらを参照して下さい。

 

 

以上がプロジェクト作成の流れです。

次回のレッスンはエミュレータを使ってアプリを実行する流れを見ていきます。

 

 

広 告