Programming Style

メニュー

初心者がアプリ開発者になるためのプログラミング学習サイト

[Android] adb:ネットワーク経由でadb接続する

android-common-top

Android実機にadb接続する場合は、通常はPCと実機をUSBケーブルで接続して行います。ここでは、ネットワーク経由でPCと実機とをデバッグ接続する方法について説明します。

 

広 告

 

目次

 

前提条件

動作確認端末

  • Nexus 7

1. ネットワーク経由でadb接続するケースについて

 USBアクセサリーを使ったアプリ開発、USBホスト機能をもったアプリ開発、それぞれの場合、実機のUSBポートが足りなくなる可能性があります。今回説明する方法は、このようなケースにおいて有用となります。

 

2. ネットワーク経由でadb接続する

 ネットワーク経由でadb接続する手順について説明します。

前提として、adb接続するPCとadb接続される実機は同じLAN環境に属していなければなりません。

(PCと実機が同じルータにWi-Fi接続している場合などです)

 

手順1

PCと実機をUSBケーブルでadb接続します。

 

手順2

まず接続している実機のIPアドレスを調べます。以下のコマンドを打つと実機のIPアドレスが表示されます。

 

$ adb shell netcfg

すると以下のようにIPアドレスの一覧が表示されます。

 

lo       UP          127.0.0.1/8
dummy0   DOWN          0.0.0.0/0
sit0     DOWN          0.0.0.0/0
ip6tnl0  DOWN          0.0.0.0/0
p2p0     UP            0.0.0.0/0
wlan0    UP       192.168.1.12/24

wlan0の項目からLAN環境内のローカルIPアドレスが「192.168.1.12」であることが確認できます。

 

手順3

adb接続のモードをUSBモードからTCPモードに変えるため、以下のコマンドを実行します。

 

$ adb tcpip 5555

以下の結果が表示されれば成功です。

 

restarting in TCP mode port: 5555

手順4

ネットワーク経由でadb接続させるために以下のコマンドを実行します。コマンドには手順2で調べたローカルIPアドレスを指定します。

 

$ adb connect 192.168.1.12:5555

以下のような結果が表示されればネットワーク経由のadb接続に成功です。

 

connected to 192.168.1.12:5555

この状態であれば、PCと実機をつなぐUSBケーブルを外してもadb logcatのようなコマンドが発行できるはずです。

 

元通りにUSBケーブル経由で接続させたい場合は、以下のコマンドを実行します。

 

$ adb usb

 

広 告