Programming Style

メニュー

初心者がアプリ開発者になるためのプログラミング学習サイト

[Android] Android Studioをセットアップする(Mac版)

android_top_android_studio

ここではAndroid Studioのセットアップ手順について解説していきます。

 

広 告

 

目次

前提条件

1. Android Studioを起動する

 

Mac版のAndroid Studioでは、AppleのJDK6をAndroid Studioの起動用に、OracleのJDK7以上をAndroidアプリのビルド用として利用されます。そのため、あらかじめインストールしておく必要があります。

 

 

android_android-studio-setup-mac_01

アプリケーションフォルダにある「Android Studio.app」を実行します。起動確認のダイアログが表示されるので「開く」を選択します。

 

NOTE : 警告ダイアログが表示された場合
警告ダイアログが表示され、「開く」ボタンが表示されない場合はシステム設定の設定を変更する必要があります。
システム設定から「セキュリティとプライバシー」を選択し、「Mac App Storeと確認済の開発元からのアプリケーションを許可」にチェックを付けてください。

 

android_android-studio-setup-mac_02

 

android_android-studio-setup-mac_03

Android Studioの以前のバージョンから設定を引き継ぐかを問われます。
今回は引き継ぎなしなので「I do not hava a previous … 」にチェックをつけ「OK」ボタンをクリックします。

 

2. Android Studioをセットアップする

android_android-studio-setup-mac_04

セットアップウィザードが表示されます。ここでは「Next」ボタンをクリックします。

 

android_android-studio-setup-mac_05

セットアップ方法について問われます。今回は「Standard」を選択し「Next」ボタンをクリックします。

 

android_android-studio-setup-mac_06

セットアップを進めるためには、インストールする全てのパッケージに対して同意する必要があります。
左メニューから各パッケージに対して「Accept」を選択します。全てのパッケージに対して「Accept」を選択すると、「Finish」ボタンがクリックできるようになりますのでクリックします。
するとパッケージのダウンロード、インストールが開始されます。

 

android_android-studio-setup-mac_07

全てのパッケージのインストールが完了しました。「Finish」ボタンをクリックしましょう。

 

android_android-studio-setup-mac_08

「Welcome to Android Studio」の画面が表示されていればセットアップ完了です。

 

3. コマンドライン用に実行パスを通そう

コマンドライン(ターミナル)でAndroid開発に必要なコマンドを使うために実行パスを通します。実行パスを通すためには、/Users/<user_name>/.bash_profile のファイルにディレクトリパスを追記する必要があります。
Finderからは非可視のファイルなので、ターミナルから「vim」等のコマンドから追記する必要があります。

まずアプリケーションのユーティリティフォルダからターミナルアプリを起動します。以下のコマンドを実行すると現在のフォルダ階層が確認できます。

 

pwd

現在のディレクトリが/Users/<user_name>/であることを確認できたのであれば、以下のコマンドを実行し、vimエディタで.bash_profileを開くきます。

 

vim .bash_profile

i」と打つとvimが編集モードになります。そして以下の文言を追記します。

 

export PATH=$PATH:/Users/<user_name>/Library/Android/sdk/platform-tools
export PATH=$PATH:/Users/<user_name>/Library/Android/sdk/tools

追記した後、ESCキーを押しvimの編集モードを解除し、「:wq」と入力した後にENTERキーを押すことで上書き保存しvimエディタを終了します。ターミナルを再起動後、

 

$ adb version

と打ってみてください。

 

$ Android Debug Bridge version x.x.xx

と表示されていることで、無事にパスが追加されていることが確認できます。以上でセットアップは終了です。

 

広 告