Programming Style

メニュー

初心者がアプリ開発者になるためのプログラミング学習サイト

[Android] Android Studioでサポートライブラリを導入する

android-common-top

Androidは、アプリ開発する上で便利な機能を内包したサポートライブラリを提供しています。ここでは、Android Studioでサポートライブラリを導入し、利用するための手順を説明します。

 

広 告

 

目次

前提条件

動作確認端末

 

1. サポートライブラリ用リポジトリを追加する

Android Studioでサポートライブラリを利用するためには、サポートライブラリ用のリポジトリを追加する必要があります。リポジトリの追加は、Android SDK Managerから行います。

 

android_android-supportlibrary-setup_01

Android Studioから「SDK Manager」ボタンをクリックし、SDK Managerを起動します。

 

android_android-supportlibrary-setup_02

下の方にスクロールするとExtraフォルダがあります。その中から「Android Support Repository」にチェックを付け、「Install packages」ボタンをクリックします。

 

android_android-supportlibrary-setup_03

「Accept License」を選択し「Install」ボタンをクリックします。ダイアログが閉じてダウンロードが始まり、しばらくすると完了します。

 

Note : サポートライブラリのソースコードをダウンロードしたい場合は、SDK ManagerのExtraフォルダから「Android Support Library」をインストールします。<sdk>/extras/android/support/にソースコードがダウンロードされます。

 

2. プロジェクトにサポートライブラリを追加する

サポートライブラリを現在のプロジェクトに追加する手順を説明します。

android_android-supportlibrary-setup_04

Android StudioのメニューからFile > Project Structureを選択します。

 

android_android-supportlibrary-setup_05

左メニューのappを選択し、Dependenciesタブを選択します。画面下の+(追加)ボタンをクリックし「1 Library dependency」を選択します。

 

android_android-supportlibrary-setup_06

追加できるライブラリの一覧がリスト表示で表示されるので、必要なライブラリを選択し「OK」ボタンをクリックします(今回はcom.android.support:appcompat-v7:21.0.3を選択します)。Scopeがcompileになっていることを確認できたら「OK」ボタンをクリックします。ダイアログが閉じるとライブラリがインポートされビルドが実行されます。

appフォルダ直下にあるbuild.gradleファイルを開くとdependencies要素配下に、サポートライブラリ識別子を追加されていることが確認できます。

 

dependencies {
    ...
    compile 'com.android.support:appcompat-v7:21.0.3'
}
Note : このbuild.gradleファイルを直接編集し、ビルドを実行することでサポートライブラリを追加することもできます。

 

3. minSdkVersionを変更する

サポートライブラリを追加することにより、アプリが動作保証する下位のAndroid バージョンが増えることがあるかと思います。その場合は、必要に応じてminSdkVersionを変更します。

 

android_android-supportlibrary-setup_07

Android StudioのメニューからFile > Project Structureを選択します。

 

android_android-supportlibrary-setup_08

左メニューのappから、Flavorsタブを選択しMin Sdk Versionの項目を変更します。appフォルダ直下にあるbuild.gradleファイルを開くとdefaultConfig要素配下のminSdkVersionの値が変更されていることが確認できます。

 

Note : このbuild.gradleファイルを直接編集し、ビルドを実行することで変更することも可能です。

 

Android Studioでサポートライブラリを利用する手順は以上です。

 

広 告