Programming Style

メニュー

初心者がアプリ開発者になるためのプログラミング学習サイト

[JQuery] JQueryの基礎知識

jquery_top

 ここではJavascriptとJQueryの関係や、JQueryの特徴とメリットについて説明します。

 

広 告

 

目次

前提条件

  • 特になし

動作確認端末

  • 特になし

1. Javascriptとは

 

Javascriptとは、Webページに組み込むことができ、Internet ExplorerやSafariなどのブラウザ上で動作するプログラミング言語の1つです。

 

JavascriptをWebページに組み込むことで、HTMLやCSSだけでは表現ができない「条件によって表示内容が変わるページ」を作成することができます。

 

 

 

2. JQueryとは

 

Javascriptを使うとWebページに様々な演出をすることが可能になりますが、そのためにはプログラミングの知識が必要です。しかし、Javascriptを簡単に扱えるようによく使う機能をまとめた「Javascriptライブラリ」を使えば、プログラミングの知識に乏しくても、効率よくWebページ作成することができます。

 

JQueryは、上記で説明した「Javascriptライブラリ」の1つです。数あるJavascriptのライブラリの中でも人気が高く、世界中で利用されています。JQueryを扱えるようになると、JavascriptをWebページに簡単に導入できるようになります。

 

JQueryには以下のような特徴があります。

 

 

クロスプラウザ対策
Javascriptはブラウザによって異なった解釈をされる場合があります。そのため、あるブラウザでは正常に動作しても、別のブラウザでは動作しないなどの問題が発生する可能性があります。JQueryでは、そのようなブラウザ毎のJavascriptの解釈の違いを吸収する仕組みが備わっているため、ブラウザ違いによる動作の差異を極力回避することができます。
効率性の向上
JQueryではよく使う機能があらかじめまとめられているため、Javascriptのみで記述するよりもソースコードが簡素化されます。
商用利用が可能
JQueryは、MIT Licenseというライセンス形態で無償提供されており、商用利用が可能です。
豊富なプラグインがある
JQueryには、各種効果をひとまとめにしたプラグインが多数提供されています。プラグインを導入することで、JQueryのソースコードを記述しなくても様々な実装ができます。

 

Note : JQueryプラグインは便利ですが、「ブラウザによってはうまく動作しない可能性がある」「アレンジが難しい」などのデメリットがあります。

 

 

 

 

 

 

広 告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です