Programming Style

メニュー

初心者がアプリ開発者になるためのプログラミング学習サイト

[Ruby] WEBrick:1分でHTTPサーバを構築する

ruby_top

RubyにはWEBrickというHTTPサーバが標準でついてきます。Rubyのコードを数行書いて実行するだけサーバを起動することができます。ここではRubyを使ってWEBrickを起動する手順を説明します。

 

広 告

 

目次

前提条件

動作確認環境

  • Mac OS X EI Capitan

1. RubyでHTTPサーバを起動するためのコードを書く

 

ここではWEBrickを起動するためのコードを書いていきます。

以下がWEBrickを起動するためのコードです。

webrick.rb

require 'webrick'
Thread.start{
  WEBrick::HTTPServer.new(
    DocumentRoot:".",
    Port:7777,
    BindAddress:"127.0.0.1"
  ).start
}
gets

 

上記のコードは、webrick.rbが保存されているディレクトリをポート番号7777でローカル環境向けに公開するコードになります。

WEBrick用にスレッドを作成し、WEBrickを起動しています。メインスレッドではコマンドの入力待ち(標準入力待ち)になるようにgetsを記述しています。

 

 

2.HTTPサーバを起動する

 

先ほど作成したwebrick.rbをターミナルなどを使って実行するだけです。

実行例を以下に示します。 

webrick.rbの実行例

$ ruby webrick.rb 
[2016-xx-xx xx:xx:xx] INFO  WEBrick 1.3.1
[2016-xx-xx xx:xx:xx] INFO  ruby 2.0.0 (2015-04-13) [universal.x86_64-darwin15]
[2016-xx-xx xx:xx:xx] INFO  WEBrick::HTTPServer#start: pid=31265 port=7777

webrick.rbと同じフォルダにindex.htmlを保存し、ブラウザでhttp://localhost:7777/index.htmlにアクセスするとindex.htmlが表示されるかと思います。

 

ターミナルでEnterキーを押せばサーバは停止します。

webrick.rbの実行例

[2016-xx-xx xx:xx:xx] INFO  going to shutdown ...
[2016-xx-xx xx:xx:xx] INFO  WEBrick::HTTPServer#start done.

 

 

 

 

3. 参考URL

 

class WEBrick::HTTPServer (Ruby 2.2.0)

http://docs.ruby-lang.org/ja/2.2.0/class/WEBrick=3a=3aHTTPServer.htm

 

 

広 告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です