Programming Style

メニュー

初心者がアプリ開発者になるためのプログラミング学習サイト

[Visual Studio] ヘルプをヘルプビュアーで参照する

visual-studio-express-2015-00

ノートパソコンを持ち運ぶなど、インターネット接続ができない状態でヘルプを参照するためには、ヘルプのデータをパソコン内にあらかじめダウンロードしておく必要があります。ここではVisual Studioのヘルプコンテンツをダウンロードし、ヘルプビュアーで参照する手順について説明します。

 

 

広 告

 

目次

前提条件

動作確認環境

  • Windows10 64bit
  • Visual Studio Express 2015 for Windows Desktop

1. ヘルプデータをダウンロードする

 

ここではVisual Studioのヘルプコンテンツをダウンロードする手順について説明します。

 

まずパソコンをインターネットに接続した状態にします。

 

 

visual-studio-help-01

Visual Studioの上部メニューから「ヘルプ」→「ヘルプコンテンツの追加と削除」を選択します。

 

 

visual-studio-help-02

ヘルプビュアーが「コンテンツの管理」タブが選択された状態で表示されます。「推奨されるドキュメント」の4つがデフォルトで追加された状態になっています。必要に応じて「追加」リンクをクリックし、ダウンロードするコンテンツを追加します。追加するコンテンツが決定したら、右下の「更新」ボタンをクリックします。

 

 

visual-studio-help-03

ダウンロード完了するまでに時間がかかりますが、しばらく待つとウィンドウ左下に「更新に成功しました」と表示されます。

 

 

以上が、ヘルプコンテンツのダウンロード手順になります。

 

 

 

 

 

 

2. ヘルプビュアーで表示する

 

ここではダウンロードしたヘルプコンテンツを、ヘルプビュアーで表示するための手順について説明します。

 

 

 

visual-studio-help-04

 

Visual Studioの上部メニューから「ヘルプ」→「ヘルプ設定の変更」→「ヘルプビュアーで起動」を選択します。これでヘルプを表示するとヘルプビュアーが表示されるようになりました。

 

 

visual-studio-help-05

コードエディタで任意のクラスにフォーカスを当て、キーボードのF1キーを押します。上記の例ではMessageBoxにフォーカスを当て、F1キーを押しています。

 

 

visual-studio-help-06

するとヘルプビューアが表示され、該当するクラスのヘルプが表示されます。

 

 

以上が、ヘルプビュアーでヘルプを表示する手順になります。

 

 

 

 

 

広 告