Programming Style

メニュー

初心者がアプリ開発者になるためのプログラミング学習サイト

[Windows] 「ファイル」メニューを作成する

windows-menu-add-00

ここでは「ファイル」メニューにあるべき、「新規」「開く」「上書き保存」「名前を付けて保存」の4メニューを追加していきます。

 

広 告

 

目次

前提条件

動作確認環境

  • Windows10 64bit
  • Visual Studio Express 2015 for Windows Desktop

1. ファイルメニューを作成する

 

ここではファイルメニューを作成します。

追加するメニューは、「新規」「開く」「上書き保存」「名前を付けて保存」の4つです。

 

 

windows-menu-add-01

メニューを挿入したい箇所で、右クリックしてメニューを表示し、「挿入」→「MenuItem」を選択します。

 

今回は以下の4つのメニューを追加します。

 

No. Textプロパティ Nameプロパティ
1 新規(&O) MenuItemFileNew
2 開く(&O) MenuItemFileOpen
3 上書き保存(&S) MenuItemFileSave
4 名前を付けて保存(&A)… MenuItemFileSaveAs

 

Note : 名前を付けて保存」の後ろに「」(半角ピリオド3つ)を付けています。これは、このメニューを選択した後に、ダイアログで何らかの作業が必要であることを意味しています。Windowsアプリケーションの慣習の1つです。

 

結果は以下のとおりになります。

 

windows-menu-add-02

 

 

 

以上が、メニューを挿入する方法の説明になります。

 

 

 

 

2. セパレータを挿入する

 

表示するメニューが増えると、メニュー項目を見つけ辛くなってきます。ここではメニューを見やすくするためにセパレータ(区切り線)を挿入する方法について説明します。

 

windows-menu-add-03

セパレータを挿入したい箇所を選択し、右クリックでメニューを表示し、「挿入」→「Separator」を選択します。

 

 

windows-menu-add-04

上図のようにセパレータが挿入されます。「Name」プロパティは「MenuItemFileSeparator1」を設定します。

 

 

以上がセパレータを挿入する方法の説明になります。

 

 

 

 

 

3. プログラムを実行して結果を確認する

 

これまでの手順の実行結果は以下の通りです。

 

windows-menu-add-00

新たに4つのメニューが追加されていることが確認できます。

 

次回は「メニューにショートカットキーを割り当てる」です。

 

 

広 告