Programming Style

メニュー

初心者がアプリ開発者になるためのプログラミング学習サイト

[Windows] 「終了」メニューを作成する

windows-menu-finish-00

Windowsアプリケーションのメニューにまず追加するべきな項目は「終了」です。ここでは、アプリケーションを終了させる「終了」メニューを追加します。

 

広 告

 

目次

前提条件

動作確認環境

  • Windows10 64bit
  • Visual Studio Express 2015 for Windows Desktop

1. 「終了」メニューを作成する

 

ここでは「終了」メニューを作成します。

まずはデザインタブを選択しデザイン画面を表示します。

 

 

windows-menu-finish-01-2

ファイル」メニューをクリックし、表示された「ファイル」下の項目の「ここへ入力」に対して「終了(&X)」と入力します。これがTextプロパティの値になります。

 

 

 

windows-menu-finish-02

終了」メニュー項目のNameプロパティをプログラムで扱いやすいような値に変更します。今回は「MenuItemFileExit」と設定します。

 

 

windows-menu-finish-03

デザイン画面で「終了」メニューをダブルクリックすると、MenuItemFileExit_Click()メソッドにフォーカスが当たった状態でコードエディタが表示されます。ここには、「終了」メニューがクリックされた時の実行する処理を記述します。

 

終了」メニューをクリックしたときは、アプリケーションを終了させたいため、以下のようなコードを記述します。

 

アプリケーションを終了させる

this.Close();
Note :終了」メニューには、「終了(&X)」のように末尾に「&(アンパサンド)」と英文字1字を追加しました。この部分は「アクセスキー」と呼ばれます。アクセスキーを設定しておくと、ユーザがキーボードで、その機能を呼び出すことが可能になります。

 

 

 

 

2. プログラムを実行して結果を確認する

 

これまでの手順の実行結果は以下の通りです。

 

windows-menu-finish-00

終了」メニューをクリックすると、アプリケーションが終了されることが確認できます。

 

次回は「テキストボックスを追加する」です。

 

 

 

 

 

広 告