Programming Style

メニュー

初心者がアプリ開発者になるためのプログラミング学習サイト

[Windows] メニューにショートカットキーを割り当てる

windows-menu-shortcutkey-00

各メニューにはショートカットキーを割り当てることができます。ショートカットキーを利用すると、どんなに深い階層にあってもキーボード操作で一発で呼び出すことができます。ここでは、メニューにショートカットキーを割り当てる実装をします。

 

広 告

 

目次

前提条件

動作確認環境

  • Windows10 64bit
  • Visual Studio Express 2015 for Windows Desktop

1. ショートカットキーを割り当てる

 

ここでは、メニューにショートカットキーを割り当てる方法について説明します。

まずはデザイン画面を表示します。

 

windows-menu-shortcutkey-01

メニューにショートカットキーを割り当てるためには、該当メニューのプロパティウィンドウから「ShortcutKeys」プロパティに値を設定します。

 

 

windows-menu-shortcutkey-02

今回は「新規」メニューに対してCtrl+Nというショートカットキーを割り当てました。すると上図のように、「新規」メニューの横にCtrl+Nと表示されます。

 

 

その他のメニューに対して以下のようにショートカットキーを設定します。

 

No. Textプロパティ ShortcutKeysプロパティ
1 開く(&O) Ctrl+O
2 上書き保存(&S) Ctrl+S

 

結果は以下のとおりです。

 

windows-menu-shortcutkey-03

 

 

以上がメニューにショートカットキーを割り当てる方法の説明です。

 

 

 

 

 

2. プログラムを実行して結果を確認する

 

これまでの手順の実行結果は以下の通りです。

 

windows-menu-shortcutkey-00

それぞれのメニューに対してショートカットキーが割り当てられていることが確認できます。

 

次回は「「開く」機能を実装する」です。

 

 

 

 

広 告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です