Programming Style

メニュー

初心者がアプリ開発者になるためのプログラミング学習サイト

[Windows] タイトルバーにファイル名を表示する

windows-title-file-name-00

Windowsアプリケーションでは、特定のファイルを編集している状態であれば、どのファイルを編集しているかをタイトルバーに表示するべきです。ここでは編集中のファイル名をタイトルバーに表示する実装をします。

 

広 告

 

目次

前提条件

動作確認環境

  • Windows10 64bit
  • Visual Studio Express 2015 for Windows Desktop

1. タイトルバーにファイル名を表示する

 

タイトルバーの表示名を設定する」にてタイトルバーにはアプリケーション名が設定されています。このタイトルバーの表示名を、ファイルを開いた時とファイル名を付けて保存した時に、そのファイル名が表示されるように変更します。表示形式は「アプリケーション名 – ファイル名」とします。

 

ファイルを開く処理は、LoadFile()メソッドで実装しています。このメソッドの最後にタイトルバーにファイル名を設定する処理を追加します。

ファイルを開いたときにタイトルバーにファイル名を設定

private void LoadFile(string value) {
  textBox.Text = System.IO.File.ReadAllText(
          value, Encoding.GetEncoding("Shift_JIS"));
  // ファイル名を保持する
  this.FileName = value;
  // タイトルバーにファイル名を表示する
  this.Text = ApplicationName + " - " + this.FileName;
}

ファイルを保存する処理はSaveFile()メソッドに実装しています。このメソッドの最後にタイトルバーにファイル名を設定する処理を追加します。

ファイルを保存した時にタイトルバーにファイル名を設定

private void SaveFile(string value) {
  System.IO.File.WriteAllText(value, textBox.Text,
    Encoding.GetEncoding("Shift_JIS"));
  // ファイル名を保持する
  this.FileName = value;
  // タイトルバーにファイル名を表示する
  this.Text = ApplicationName + " - " + this.FileName;
}

以上で、タイトルバーにファイル名を表示する実装が完了しました。

 

 

 

 

2. プログラムを実行して結果を確認する

 

これまでの手順の実行結果は以下の通りです。

 

windows-title-file-name-01

デフォルトは、アプリケーション名がタイトルバーに表示されています。

 

 

windows-title-file-name-02

 

ファイル」メニューから「開く」を選択し、任意のテキストファイルを開きます。今回は「test.txt」というファイルを開きます。

 

 

windows-title-file-name-00

するとタイトルバーにさきほど開いたファイルのフルパス名が表示されていることが確認できます。

 

次は「「上書き保存」機能を実装する」です。

 

 

 

広 告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です