Programming Style

メニュー

初心者がアプリ開発者になるためのプログラミング学習サイト

[Web] XAMPP:ローカルサーバーを構築する(Windows編)

web_web-xampp

XAMPPとはWebアプリケーションの実行に必要なソフトをパッケージとしてまとめたもので、主にプログラミングの学習用に用いられます。ここではXAMPPを使ってWindows PCにローカルサーバーを構築する手順について説明します。

 

広 告

 

目次

前提条件

  • なし

動作確認端末

  • Windows 8.1

1. XAMPPをダウンロードする

web_web-xampp-set-up-windows_1

XAMPPのダウンロードページにアクセスし、「Windows向けXAMPP」のボタンをクリックします。すると最新版のXAMPPがダウンロードされます。

(32ビット版しか用意されていませんが64ビットOSでも動作します)

 

2. XAMPPをインストールする

ダウンロードしたEXE形式のインストーラーを起動します。

 

web_web-xampp-set-up-windows_2

セットアップ開始画面が表示されます。「Next」ボタンをクリックします。

 

web_web-xampp-set-up-windows_3

インストールするコンポーネントを選択する画面です。デフォルト通りすべて選択されている状態で問題ありません。「Next」ボタンをクリックします。

 

web_web-xampp-set-up-windows_4

XAMPPのインストール場所を選択する画面です。インストールするパスは任意ですが、フォルダ名に半角スペースを含まないパスが望ましいです。ここではCドライブ直下のxamppという名前のフォルダを選択し「Next」ボタンをクリックします。

 

web_web-xampp-set-up-windows_5

チェックボックスのチェックを外し「Next」ボタンをクリックします。

 

web_web-xampp-set-up-windows_6

「Next」ボタンをクリックします。するとインストールが開始されます。

 

web_web-xampp-set-up-windows_8

XAMPPに含まれるApache HTTP Serverがインストールされることでセキュリティ警告が表示されます。「プライベートネットワーク〜」にチェックをつけ、「アクセスを許可する」ボタンをクリックします。

 

web_web-xampp-set-up-windows_9

インストールが完了しました。XAMPPをそのまま起動させたいため、「Do you want to start 〜」にチェックをつけ、「Finish」ボタンをクリックします。

 

web_web-xampp-set-up-windows_10-2

するとXAMPPのコントールパネルが表示されます。XAMPPから各サーバを起動させるための画面です。

 

web_web-xampp-set-up-windows_11

インストールディレクトリ内のxampp-control.exeをクリックすることで起動させることもできます。

 

 

Note : インストールディレクトリの場所を移動させた場合、それに合わせて各サーバの設定ファイルも書き換える必要があります。インストールディレクトリ内のsetup_xampp.batを実行すれば全て自動で行ってくれます。

 

web_web-xampp-set-up-windows_12

 

広 告